植毛でAGAを解決しよう!

植毛の種類

植毛には2つの種類があり、それぞれ特徴を持っています。まず人工毛植毛です。人工的に作った毛を頭皮に埋め込みます。しかし現在はあまり行われない方法で、1980年以降はほとんど症例がありません。アメリカではすでに禁止までされています。人工毛植毛のメリットは、日頃の薄毛対策が不要になることです。時間をかけて育毛剤を使用したり、抜け毛を防止するために生活習慣を改善したりする手間を省くことができます。特に努力をしなくても、すぐに見た目が理想に近くなります。一方で、一度埋め込んだ毛は成長することはありません。将来ヘアスタイルが変わった時に不自然になる可能性があります。また保険は適用されないので、高額な手術代を用意する必要があります。切れた人工毛の根元は、頭皮の中に残りますが、それが原因で頭皮にボツボツとした傷ができたり、頭皮が硬くなったりします。手術に成功しても人工毛は定期的なメンテナンスや植え替えが必要で、そのたびに費用がかかります。もう一つは、人工毛植毛のリスクを回避する自毛植毛です。薄毛になりにくい後頭部や側頭部の毛を皮膚ごと採取して、増やしたい部分に移植します。自分の毛を使うので、拒絶反応の心配がありません。また移植した毛は元々生えていた毛と同様に成長するので、メンテナンスが不要です。ただし一度に多くの毛を移植することはできません。また移植しても定着しないものもあり、何度も手術を行います。保険適用ではないので、コストが非常に高いです。前頭葉や頭頂部などは範囲が広いので、手術費に100万円以上かかります。毛が根付くまでには時間がかかるので、自然な装いになるまで頭を隠すなど日常生活に影響を与えます。
●大阪など大都市でAGA治療を探すなら
大阪でAGA治療するならこちら
●正しく飲んで効果を発揮!
安価なフィンペシアの効果を発揮する飲み方は?